双色球基本走势图表图2

國外近期漢學會議、講座(三十)

2019·1——2019·2

1、【演講】李伯重:1524:The End of the Silk Road

時間:2019年1月16日(周三)17:00-19:00
地點:東京大學東洋文化研究所第一會議室(東京都文京區本郷 7-3-1)
主辦單位:東京大學東洋文化研究所
主講人:李伯重(北京大學教授)
內容簡介:
使用言語:英語

概要:
In 1524, the imperial court of the Ming made a decision: to relocate seven frontier garrisons in the country’s northwest border areas (Guanxi Seven Garrisons, 關西七衛 ) from their original stations outside Jiayu Pass (嘉峪關) at the western end of the Great Wall to their new ations within the pass. Though this decision with its ementation hasn’t attracted much attention of historians, it is an event of farreaching significance in world history: It marked the closing of the Silk Road which stretched across the Eurasia Continent and was seen a “great channel of international trade”regarded by many scholars.
This decision was not an indiscretion of Jiajing Emperor of the Ming dynasty on impulse without counting the cost, but the result of much thought of the top policymakers of the Ming state: Years earlier, memorials were submitted to the throne to suggest to “Close the door [to the barbarians in West China] and Suspend the tribute trade [with them], and never have dealings with them (閉關絕貢,永不與通 ).” The suggestion was supported by the Board of War. Though it was not indorsed by the crown then, it heralded the decision. Some deep-seated reasons stood behind the decision.

2、龍谷大學創立380年記念プレイベント國際シンポジウム「西域桃源——大谷探検隊から見たクチャの仏教文化」

時間:2019年2月22日(周五)
地點:龍谷大學大宮學舎清和館3階ホール(京都市下京區七條通大宮東入大工町125-1)
主辦單位:龍谷大學世界仏教文化研究センター、古典籍デジタルアーカイブ研究センター
聯絡人:龍谷大學世界仏教文化研究センター共同研究室,Tel: 075-343-3812#5832;E-mail: [email protected]
內容簡介:
【基調·特別講演】
10:10-11:00
クチャのキジル石窟美術について——バーミヤーン石窟美術との比較を通して」宮治昭(龍谷大學名譽教授·世界仏教文化研究センター研究員)

11:05-11:55
韓國國立中央博物館蔵大谷コレクションの新研究(英語、通訳あり)“New Research on the Otani Collection in the National Museum of Korea”(金惠瑗,國立中央博物館研究員)

【ポスター発表】
12:50-13:20
モーションデータを用いた舎利容器のARコンテンツ(曽我麻佐子,龍谷大學理工學部準教授·古典籍デジタルアーカイブ研究センター兼任研究員)

【學術講演Ⅰ:大谷探検隊とクチャの仏教遺跡】
13:30-14:30
クチャ地域における第一次大谷探検隊の活動——キジル石窟を中心に(慶昭蓉,世界仏教文化研究センター研究員)

14:35-15:20
仏教蕓術からみたクチャの在家信者と仏教の關わり(檜山智美,京都大學白眉センター特定助教·龍谷大學世界仏教文化研究センター研究員)

【學術講演Ⅱ:出土文獻が語るクチャの仏教文化】
15:30-16:15
クチャ地域に伝えられた有部の仏典(荻原裕敏,京都大學白眉センター特定準教授·龍谷大學世界仏教文化研究センター研究員)

16:20-17:05
大谷コレクション古文書用紙分析が明かす中央アジア諸民族の文化的発展の足跡(江南和幸,龍谷大學名譽教授·古典籍デジタルアーカイブ研究センター研究フェロー)

3、【演講會】關西大學東西學術研究所第16回研究例會

時間:2019年2月26日(周六)13:30-17:00
地點:關西大學千里山キャンパス以文館4階セミナースペース(大阪府吹田市山手町3丁目3番35號)
主辦單位:關西大學東西學術研究所
聯絡人:Tel: 06-6368-0653
內容簡介:
【講演】
13:30-15:00
敦煌西域文獻的數字化與網絡共享──以國際敦煌項目(IDP)為中心(劉波,中國國家圖書館古籍館敦煌文獻組組長/副研究館員)

【研究発表】
15:30-16:00
音引き歴時口語辭典編集の意義と試み(玄幸子,東西學術研究所非典籍出土資料研究班主干)

16:10-16:40
中國典籍日本古寫本DBに向けて(高田時雄,東西學術研究所非典籍出土資料研究班委囑研究員)

16:40-17:00
自由討論

※本演講會免費,不需報名。

4、【展覽】中國近代絵畫の巨匠——斉白石

時間:2019年1月30日至3月17日
地點:京都國立博物館平成知新館2F-1-4(京都府京都市東山區茶屋町527)
主辦單位:京都國立博物館、北京畫院、朝日新聞社
聯絡人:Tel: 075-525-2473
內容簡介:
本年度は、日中平和友好條約の締結から40周年の節目にあたります。これを記念し、中國·北京畫院が所蔵する、中國近代水墨畫を代表する畫家である斉白石(1864~1957)の名品を一堂に展示します。

斉白石は、若き頃、故郷の湖南省湘潭での大工仕事で培った、華やかな色彩と簡潔で力強い墨線の畫を得意とし、素樸な描寫のなかに、かわいらしさとユーモアがあふれています。晩年に「人民蕓術家」の稱號が授けられ、現代の中國では誰もが知っている大畫家ですが、一方で造形美を追求した孤高の畫家でもありました。

北京畫院は1957年に成立した、中國で最も古く、規模の大きな美術アカデミーの一つです。初代名譽院長に斉白石を迎え、その名品を多く所蔵することでも知られています。今日の中國で最も愛されている畫家、斉白石の魅力をこの機會にご堪能ください。

開館時間
火~木·日曜日:午前9時30分~午后5時(入館は午后4時30分まで)
金·土曜日:午前9時30分~午后8時(入館は午后7時30分まで)

5、【演講】雷瑭洵:北大漢簡《妄稽》校讀拾遺

時間:2019年3月9日(周六)14:00-17:00
地點:東京大學法文1號館2階216室(文京區本郷7-3-1)
主辦單位:東文研·班研究 「中國古代文獻の成立に關する多角的研究」
主講人:
雷瑭洵(北京大學中國語言文學系博士課程三年級 / 東京大學人文社會系研究科特別研究學生)
內容簡介:
北京大學蔵西漢竹書には『妄稽』と題された俗賦がある。周春という人物の丑い妻である妄稽が、美しい妾である虞士に嫉妬し、虞士に対して美しさを比べる·虐待する·おびき出し脅して家から追い出す·誣告する等の行為を行うが、最終的に妄稽は腹を立てて死ぬ、という物語が描かれている。本報告は既存の研究成果を參考にしつつ、『妄稽』のテキストの再編連と集釈を行う。その上で、いくつかの文字と語について詳しい検討を行う。

6、【演講會】第14回TOKYO漢籍SEMINAR「仙という概念裝置——仙薬·仙界·仙術」

時間:2019年3月11日(周一)
地點:一橋大學一橋講堂中會議場(東京都千代田區一ツ橋 2-1-2學術総合センター內)
主辦單位:京都大學人文科學研究所
聯絡人:Tel: 075-753-6997
內容簡介:
主持人:岡村秀典(東アジア人文情報學研究センター長)
10:45-12:00
延年益壽のアルケミー(武田時昌,人文科學研究所教授)

13:10-14:25
『幽明録』にみえる洞窟のはなし(土屋昌明,専修大學経済學部教授)

14:40-15:55
飛行する仙人(大形徹,大阪府立大學人文科學系教授)

7、【演講會】 國際円卓會議「日中關系史研究を考える——中國人留學生研究の再考」

時間:2019年3月16日(周六)14:00-17:00
地點:神奈川大學橫浜キャンパス(東京都千代田區一ツ橋 2-1-2學術総合センター內)
主辦單位:中國人留學生史研究會、科研·教育交流
內容簡介:
主持人:孫安石(神奈川大學)
中國の日中關系史研究の動向紹介(徐志民,中國社會科學院近代史所·副研究員)
明治時期日本人の中國留學という視點(譚皓,遼寧師范大學教育學部·特聘教授)
満州國留日學生と口述歴史(斉紅深,元遼寧教育史志學會會長、中國日本殖民地教育研會會長)
評論人:大里浩秋(神奈川大學名譽教授)、周一川(日本大學)、中村みどり(早稲田大學)

※來聴歓迎。終了后、信息交換會があります。

8、【演講】川田進:漢人在家信徒のルポルタージュとチベット仏教の動向

時間:2019年3月16日(周六)14:30
地點:駒澤大學総合教育研究部塩旗研究室(駒沢キャンパス第一研究館6階)
主辦單位:中央研究院民族所
主講人:
川田進(大阪工業大學教授)
內容簡介:
參考資料1.陳暁東『寧瑪的紅輝』第9章、 2.川田進『東チベットの宗教空間』第7章,參考數據が必要な方は事務局までご連絡下さい

20、【演講會】天理臺灣學會第1回臺灣研究會

時間:2019年3月23日(周六)13:30-16:30
地點:東吳大學外雙溪校區第一教學研究大樓R0814教室(東京都千代田區一ツ橋 2-1-2學術総合センター內)
主辦單位:天理臺灣學會
內容簡介:
謹啟 時下ますますご清祥の段、お慶び申し上げます。いつも天理臺灣學會の活動にご關心をお寄せくださり、誠にありがとうございます。
さて、このたび天理臺灣學會は第1回臺灣研究會を、下記のとおり、2019年3月23日(土)に開催する運びとなりました。
つきましては、みなさまの積極的なご參加をお待ち申し上げております。なお、會場の都合や資料準備のため、誠に恐縮ではございますが、參加を希望されます場合には2019年2 月28日までに、學會のメールアドレス([email protected])まで「參加希望」のメールをお送りくださいますよう、宜しくお愿い致します。
また、今后も定期的に臺灣での研究會開催をおこなっていきたいと考えております。発表希望などがございましたら、上記アドレスもしくは學會理事にご相談ください。

13:30-14:30
戦后、臺灣に于ける邱永漢文學の受容について(論戰后在臺灣邱永漢文學的受容)(王惠珍,國立清華大學)

14:30-15:30
臺灣の大學における客家語教育について――臺灣大學の「初級臺灣客家語」を例に(羅濟立,東呉大學)

15:30-16:30
植民地統治期の公學校における教員移動―教員采用制度を中心に(仮)(山本和行,天理大學)

主持人:冢本善也(中國文化大學)

9、【展覽】五島美術館館蔵中國の陶蕓展

時間:2019年2月23日至3月31日
地點:五島美術館(東京都世田谷區上野毛3-9-25)
主辦單位:五島美術館
聯絡人:Tel: 075-525-2473
內容簡介:
漢時代から明·清時代にわたる館蔵の中國陶磁器コレクション約60點を展覧。2000年にわたる中國の焼き物の歴史を展望。館蔵の日本刀剣約10振も同時公開。

休館日:毎月曜日
開館

時間:每日10:00-17:00

(摘自《漢學研究通訊》等)

  

Comments are closed.

双色球基本走势图表图2 二十一点庄家优势有多大 有聊天室的彩票网 广州广东体彩十一选五开奖结果 时时app开发制作 手机游戏排行 13458最多遗漏多少期 二八杠生死门 金七乐怎样选号 梭哈平台微信授权 极速时时彩哪里看开奖